Workshop Information

野村賢吾先生 広島WS開催!

      
 
 
【日程】
2017年10月1日(日)
1部 13:00-15:00   身体の力みをとるヨガ基礎座学
2部 16:00-18:00  音〜Yoga~身体の力みをとるビンヤサ実践〜
【会場】
ペンシルスタジオ(中区袋町) 
 【受講料】
1クラス 5,000円  2クラス 9,000円
【お申込】
お名前・お電話番号を明記のうえメールにてお申し込み下さい。
info@shanti-yoga.net
 
 
 
Kengoプロフィール

 
ヨガインストラクター、鍼灸師、立教女子短期大学非常勤講師
True nature/Creative Director
 
 
 
 
 
 
スケートボードカルチャーの影響を受けながら過ごしたサンフランシスコで怪我をきっかけにヨガと出会う。
ヨガを”音”で表現する『音YOGA』の第一人者で鎌倉でQuiet timeを主宰。
ヨガとクリスタルボールの生演奏を組み合わせた独自のスタイルでヨガを表現する。
深いリラクゼーション効果と聞く瞑想の『音Yoga』は全国でワークショップが開催される。より深く身体や心を理解するため医療系の専門学校で解剖学、生理学、東洋医療、鍼灸学を学び、専門機関での解剖実習や臨床実習にも参加している。
  
Quiet time HP  http://www.quiettime.jp 
True nature HP   http://truenature.jp
アンバサダー LUZ e SOMBRA (www.luz-e-sombra.com)
 
1部 13:00-15:00 身体の力みをとるヨガ基礎座学

内 容:  3年程かけて『自律神経とヨガ』のWSを全国で重ねてきました。
現代社会の複雑なライフスタイルの中でマインドや頭の中は常に忙しく、睡眠時でも頭はやすまりません。
なぜヨガをやるのかという質問には非常に多くの考え方や哲学的な捉え方が含まれますが、自分が指導する通常クラスで毎回の伝えたい事、感じて欲しい事の一つの終着点をあげるなら『頭と身体を静かにする』という所に収束してきます。
ストレスを多く感じたり、自律神経の働きが乱れてくると身体に出てくる一番初めの症状は『筋肉の力み』です。
『身体を静かにする=身体の力みをとる』ということです。
このWSでは関節の構造や筋肉の走行から身体を力ませずにアーサナをとるための基本原理や解剖学的な基礎を学びます。このクラスで学んだ考え方や視点を次のクラスのアーサナ実践編で身体に落と込んで行きます。
 
こんな人にオススメです。
基本的な自律神経の働きの理解が浅く、学び直したい方。
・ストレスや自律神経の 働きが乱れから首コリや肩こりなど身体が力んでいる人。
・ヨガは治療ではないですがヨガができる事があります。それら自分の練習やクラスに生かしたい方。
ぜひご参加下さい。
 
16:00-18:00 2部 音Yoga~身体の力みをとるビンヤサ実践~ (動くクラス) 
※動くクラス 30分以上の長いシャバアサナですブランケットやアイピローをお持ちください
内 容:ゆったりとした身体のフローや音楽は自律神経を整える重要な環境条件です。
お寺で鐘の音を聞いて心がスッと静まるという経験。きっと日本人なら誰でもあると思います。
このクラスではアルケミークリスタルボールとう振動性の楽器の生演奏で気持ちのよい音の波で皆さんと会場を包み込みます。
鼓膜では拾いきれないほど精妙な波長の音は細胞レベルで振動し、心身がゆるみ血流の流れが良くなります。
ヨガ、呼吸法の後の演奏は見る、聞くというよりは音の波に浸るという感覚です。長めのシャバアサナ(瞑想)では、多くの人が意識と無意識の狭間で漂う心地よい揺らぎを感じます。心身がリラックスしている時にでる脳波α波が出ます。
ストレス軽減、身体的疲労物質の抑制などの効果があります。
子供が遊びに夢中になっている時もα波が出ているというのは興味深いですね。

最近子供が遊びに夢中になるくらい、頭がカラになった事はありますか?
とにもかくにも体験してみましょう!